2009年12月24日

DewでFlatspin450やRodeo450

決勝戦の映像見た人いるかな?

左右の回転にダブルコークはなんか当たり前でしたね。
レールで差をつけたいのかな?と思わんばかりの3D系の攻めが凄かった。フラットダウンレールでSammyのFlatspin450や注目のEliasのRodeo450など炸裂してましたよ。

大会の順位は
1 Andreas Håtveit - 93.00
2 Tom Wallisch - 92.38
3 Sammy Carlson - 91.13
4 Bobby Brown - 89.50
5 Elias Ambuhl - 89.00

と、まぁEliasが5位と表彰台まで行きませんでしたが、このメンバーでこの点数なら凄いですよね。

1位と2位の決定的な差というのは
ほとんどわかりませんが、約0.6ポイント差はジャッジの見る主観にもよるのでしょう。

このDEWツアーの採点方式はリアルタイムで選手が終わったらスコアが表示されるので、あとで書き換え聞かないしゆっくり採点ができない。

ですので、この0.6ポイントはトムが勝ってもおかしくないポイントだったのでしょう。ただエアの高さはアンドレアスのような気がしますが・・・。


ビックゲームを勝ち抜く為にスコア表示を高くする方法を考えてランをしないと勝てないのが世界大会。
これもしっかり周りの選手のランを見ながらルーティーンをを組み立てないいけないということが、ケンタロウやシンジ、マイマイが今後考えなくてはいけないところなんでしょうね。

Andreas Håtveitは今年強いなぁ。というよりアトミックが良い選手持っていますね。
スコットのTOMも強い。バルセロナでは予選練習を遅刻してきて練習2本で予選2位通過でしたからね。

この後は、DEWの第2戦が1月中旬→下旬X-Gamesと続くようです。
posted by riderstyle.com at 12:36| Dai