2008年06月01日

スキーボードワールドカップ2日目、3日目報告

先ほど帰国。

大会2日目

クロスゲームにはDaiとShew、アリ&チホ参加。

Dai一回戦敗退、Shew準決勝敗退。

アリ&チホの決勝。
スタート飛び出したチホが1位でそのままゴールイン。
アリちゃんは途中まで2位の大健闘。
しかし、エア台が怖くてスピードを緩めた瞬間後続に抜かされ、表彰台はGETできず。
通訳選手の大健闘でルーマニアのアベック優勝を阻止しました。


1. Ciprian Ionut Staicu - Romania * GOLD riding on: Strictly King JP
2. Masashi Kuroda - Japan * SILVER * riding on: Strictly Stolas JP
3. Adrian Stramatararu - Romania * BRONZE * riding on: Summit Custom US

1. Chiho Takao - Japan * SILVER * riding on:Strictly Aroa JP
2. Sonia Dragan - Romania * GOLD * riding on: Strictly Stolas JP
3. Margarita Milentieva - Russia * BRONZE * riding on: Bluemoris Fly Smell JP
DSC02567.jpg

そして、BigAir
シンジ&Shewが参戦。
トーナメントで順当に勝ち上がった二人。
決勝で対決。
結果SW1080をメイクしたシンジに軍配。
2連覇達成。
練習でも台が小さいためSW1080は見せず、Shew対決の決勝で決め会場を沸かせていました。


1. Shinji Osada - Japan * GOLD * riding on:Strictly Aroa JP
2. Shuichi Ichihashi - Japan * SILVER * riding on: TheSki Westside JP
3. Dmitri Makrushin - Russia * BRONZE* riding on: Strictly Inverse JP
DSC02578.jpg

3日目最終日。
スロープスタイル。
昨年は覇者藤田サイモンが怪我で不在の中、熱い戦いとなった予選。
元サロモンチームのサージのドラム缶での片手のハンドプラント逆立ちから540というヤバイトリックから、シンジのバキバキのレール(ジャッジの一部は何をやっているかわかっていないと思う・・・)など、順当に強い人が勝ちあがり、優勝は点数もブッチギリでシンジでした。
ワールドカップスロープでは初優勝。
そして3つの金メダルを獲得しました。
Shewさんは4位とあと一歩でした。


1. Shinji Osada - Japan * GOLD * riding on:Strictly Aroa JP
2. Dmitri Makrushin - Russia * SILVER * riding on: Strictly Inverse JP
3. Kirk Thompson - USA * BRONZE * riding on: Revel8 KTP US
DSC02591.jpg

女子スロープにはサヤカ★ミ&アリちゃん参戦。
キャノンレールをエアで飛んだサヤカ★ミのロケットが評価が高く、優勝。
アリちゃんのトップ評価は9mのストレートレールでの270アウトがばっちりきまり準優勝しました。


1. Sayaka Tonari - Japan * GOLD * riding on: Strictly Stolas JP
2. Ari Obana - Japan * SILVER * riding on:TheSki Westside JP
3. Sonia Dragan - Romania * BRONZE * riding on: Strictly Stolas JP
DSC02587.jpg

女子クロス表彰写真
DSC02559.jpg

フェイキー表彰写真
DSC02553.jpg

大会終了後、テレビ局のインタビューに答えるシンジ&チホ。
DSC02624.jpg

Theski&STRICTLYチーム大健闘。お疲れ様でした。
DSC02657.jpg
posted by riderstyle.com at 13:23| 白川塾